京都にはvio脱毛ができるサロンとクリニックが数多くありますので選択肢は豊富です。

京都にはテレビ、雑誌、電車で広告を掲載している有名なサロン、クリニックだけでもコレだけあります。

・京都のvioプランがあるサロン

エステティックTBC イオンモール京都桂川店 京都河原町店
ミュゼプラチナム京都四条通り店
ジェイエステティック 京都駅前店 京都四条河原町店 西院店
RinRin 京都四条店
エステタイム京都駅前店 北大路ビブレ店 イオン洛南ショッピングセンター店
Dione京都河原町店
脱毛ラボ京都 四条烏丸店 三条河原町プレミアム店
エピレ 京都河原町店
シースリー京都河原町店
KIREIMO(キレイモ)京都 四条河原町店

・京都のvioプランがある美容外科クリニック

湘南美容外科 京都院
リゼクリニック京都四条院・京都伏見院

この中からvio脱毛が京都で安いサロンと美容外科クリニックをご紹介します。

京都で有名なサロンのvio脱毛価格表

vio 6回 vio 12回 ポイント
ミュゼ京都 36000円 要電話確認 Vライン脱毛キャンペーンがお得
Dione京都 57,000円 12回96000円 無痛のハイパースキン脱毛。iラインも痛くない
TBC京都 56,100円 要電話確認 vioプラン6回以上契約でvioファーストプラン2回6000円が無料
ジェイエステ京都 要電話確認 要電話確認 vio2回が5000円のキャンペーン中!

vioお試しキャンペーンのハシゴで回数を減らす

vioプランは安いサロンでも6回30000円~です。
vioプラン完了まで18回位回数が必要ですから90000円~の総額費用がかかります。
vioプランの総額費用を減らすにはvioお試しキャンペーンのハシゴがおすすめです。

TBCのvio5ファーストプラン2回6000円
ジェイエステのvio試しプラン2回5000円
この2つのキャンペーンを利用すれば11000円で4回vio脱毛できます。

そうすると残りは14回です。1回あたり5~6000円として70000円~84000円でvio施術を完了できます。
vioお試しキャンペーンのハシゴをすれば総額費用から約13000~20000円安い料金でvio施術が完ができます。

vio脱毛が安い京都のサロン

vioプランの料金が京都で安いサロンのランキングです。

1位 ミュゼプラチナム京都

ミュゼプラチナム京都は脇のキャンペーンが100円で有名なサロンです。京都にミュゼプラチナム京都四条通り店があります。ミュゼは現在、全コースの半額キャンペーン中。ハイジニーナ7プランと呼ばれるvioプランも安いです。他にも「両わき+Vライン脱毛キャンペーン」は、vライン脱毛が1000円以下と高校生でも受けられる安さなのでおすすめです。京都でvioプランの料金が安いサロンをお探しの京都の女性におすすめです。

 

 

2位 ディオーネ京都

ディオーネは「痛くない脱毛」がウリのサロン。ディオーネの特長であるハイパースキン脱毛は本当に全く痛みがないです。だからiラインも粘膜部のキワギリギリまで施術ができますし、痛みの心配なくvio施術ができます。また、ハイパースキン脱毛はお肌にもやさしいので、アトピーや敏感肌の方も気軽に施術を受けられます。vioプランは12回96000円。痛くないvio施術をしてみたい京都の女性に最適です。

Dione京都河原町店、Dione西院駅前店が京都にあります。

 

 

3位 TBC京都

TBCは全国に多くの店舗がある老舗総合エステサロン。良くも悪くも有名です。現在では健全な営業をしており、勧誘も少なくなりました。初回来店者限定のvio5ファーストプランはvio2回が6000円と格安。vioコース6回を申し込むとファーストプラン分の2回が無料になるキャンペーンもやっています。vio6回の料金で実質8回vio施術が受けられるのでお得です

TBCは京都でvioプランを安い料金でお試ししてみたい京都の女性におすすめです。

エステティックTBC 京都河原町店、エステティックTBC 京都駅前店、エステティックTBC イオンモール京都桂川店があります。

 

 

京都でvio脱毛ができるサロンのマップ

京都でvio脱毛ができるサロンをお探しの際にお使いください。

京都にはかなり多くのサロンやクリニックがあるため、京都の自宅近くのサロンから選ぶ事ができます。

京都でvio脱毛が安い美容外科クリニック

vio脱毛はサロンとクリニックどちらが安い?

vio脱毛が終わるまでの回数。
コレがわからないと脱毛料金がわかりません。

医療レーザーで5回〜9回
エステで18回〜27回

回数は毛の濃さ等個人的な要因に多少左右されます。

医療レーザーのvio9回料金は一番安い湘南美容外科京都で10万円位です。
脱毛サロンの光脱毛のvio18回料金は京都のミュゼなら108000円位です。

不思議とvio施術完了までの料金は同じ位になります。
料金的にはサロンでもクリニックでも変わりないです。

変わるのは期間です。

vio施術完了までの期間は完了までの回数が少ない美容外科クリニックの医療レーザー脱毛です。
最短期間でvio施術を完了させたいなら脱毛サロンよりも美容外科クリニックがおすすめです。

ただ、美容外科クリニックの最大のデメリットとして店舗数が少ない事が上げられます。
自宅近くに通える医院がないならvio脱毛をクリニックで受ける事はできません。

その場合は料金が安いミュゼ京都等のサロンがおすすめです。

京都で医療レーザー脱毛が安いクリニック

湘南美容外科 京都院

 

 

リゼクリニック 京都四条院

〒600-8491
京都府京都市下京区鶏鉾町493 ムーンバットビル 5F

 

 

京都でvio脱毛する前に知りたい事まとめ

vio脱毛のメリットとは

海外セレブの間では、常識にもなっているvio脱毛でも、日本ではまだまだ抵抗を感じる人が多いようですね。

脱毛はムダ毛処理と考えるため、見えるところだけ処理していればいいと思うのも当然です。Vラインだけは下着からはみ出てしまうとか、夏は水着を着るので季節限定で脱毛していると人もたくさんいます。

IラインやOラインは、脱毛の必要性を感じないのも無理ありません。
しかし海外セレブの多くがvio脱毛をするのは見た目だけを考えているとは限らないのです。
vio脱毛をハイジニーナ脱毛と言いますが、ハイジニーナというのは衛生的という意味もあるのです。
vio脱毛をしておくと毛がない状態になりますが、雑菌の繁殖を抑えることができます。

デリケートゾーンはどうしても蒸れやすく汚れやすいので衛生的に保つことができます。
生理の時も蒸れやニオイだけでなく、不快感も解消されるというメリットがあります。

季節限定でVラインの脱毛をしている人も、常に綺麗な状態を維持できるから突然の海外旅行なども慌てずに済みますね。

また自己処理ではどうしても肌に負担をかけるので、黒ずみや色素沈着を起こしやすくなります。エステや美容クリニックで脱毛しておけば、自己処理をせずに済むので肌に負担をかける事もありませんし、黒ずみも徐々に改善されていきます。

男性からも清潔感があると評判がいいので、男ウケも良くなりますね。

このようにvio脱毛には多くのメリットがあります。
京都では多くのサロンやクリニックがあるので光、レーザー、ワックスなど方法も選べます。京都なら料金が安いサロンもクリニックもありますので適正価格でvio施術を受けられますし、やっておいて損はないでしょう。

カウンセリングでチェックしておくポイント

京都でvio脱毛を予約すると、京都のサロンやクリニックではどこでもvio前にカウンセリングがあります。

vio脱毛は他の部位に比べ、毛周期が遅めなので少し期間が掛かるかもしれません。
その為、脱毛サロンとも長いお付き合いになる事は覚悟しておいたほうが良いでしょう。
脱毛前には必ずカウンセリングを受けますが、この際にいろいろとチェックしておきたいポイントがあります。

まず料金と支払い方法についてですが、これはこちらから質問しなくてもサロン側のほうから説明してくれると思います。

普通のショッピングとは違い、高額になるので現金払いの他にもクレジットでも支払いは可能なのか、その際にローンは組めるのかなど聞いておくと後々トラブルになる事はないでしょう。

また、店内の雰囲気やスタッフの対応もチェックしておくと良いですね。
カウンセリングは基本、契約する前に行われます。

担当スタッフが推し進めるような接客をすれば、それはお客さまのことを第一に考えていない脱毛サロンだと捉えられます。本当にお客さまのことを考えているのでしたら契約を急がせることはありませんし、例え断ったとしても最後まで笑顔で接客してくれるはずです。

京都にはたくさんの選択肢があるので他を検討できます。お客さまの肌の状態を見ながら一緒にどのコースが良いのかを考えてくれる接客ができるスタッフがいるサロンかチェックしておきましょう

分からない事が1つでもあるのであればそのままにせず、きちんと解消するようにしましょう。不安や悩みを取り除くこともカウンセリングを行う大事な目的な1つでもあるのです。逆にカウンセリングの際にいろいろと質問をしてみることで、そのお店のことが見えてくることもあるかもしれません。

サロンと美容クリニックの、回数と料金の違い

京都のサロンと美容クリニックの回数と料金の違いについて見て行きましょう。
クリニックの場合は医療機関なので医療行為である、レーザー脱毛ができます。

光のパワーも強いので高い脱毛効果が期待できますし、一度に処理できる範囲も広いのでエステで脱毛するよりも回数は少なく済みます。

ただし体毛の濃さ、毛量、毛周期には個人差もあるので、京都の美容クリニックでのレーザー脱毛でも時間がかかる人もいます。

また美容クリニックは医療行為である治療も兼ねていますが、脱毛の場合は病気の治療ではなく美容目的になるので、健康保険が適用されません。

エステに比べて回数は少なく済みますが、1回あたりの料金は高めになります。

一方エステではレーザー脱毛よりもパワーは劣りますが、それでも十分に脱毛効果の期待できる光脱毛が可能です。

ただし肌の弱い人やアトピー肌の場合は、レーザー脱毛ができない事もあります。

エステの場合も健康保険は使えませんが、元々が美容を目的としているので美容クリニックよりは1回あたりの料金は安くなっています。

ただし一度に処理できる範囲が限られているので、通う回数は多くなります。

それでもセットがお得なコース料金や、キャンペーンなどを利用すれば同じ回数通っても料金は安く押さえることができます。

京都の美容クリニックでも季節ごとのキャンペーンや学割などを行っていますので、どちらが自分に合っているかよく調べてから決めることをおすすめします。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛

京都でvio脱毛をする場合は、レーザーか光YAIPLでも対応できるようになっています。

以前は粘膜部分の脱毛が出来なかったのですが、脱毛に関しての技術や機械も進歩しているので、vioラインの脱毛方法も選べるようになっています。

vio施術の方法として、フラッシュとレーザーどちらがいいかに関してですが、これは京都のエステティックサロンで行うか、皮膚科などの医療機関で行うかの違いになります。

レーザー脱毛の場合は医療用レーザーを使うので、医療行為になるためエステでは施術ができません。中にはエステでレーザー脱毛と宣伝しているところもありますが、基本的に医療行為はエステでは不可となっています。

京都のエステで行うのはレーザーよりも少し弱い光を使った、光脱毛です。
光といってもカメラのフラッシュのような光なので、これをフラッシュ脱毛と呼ぶ事もあります。
効果に関してはvio施術の場合、パワフルなレーザーの方が高いと思います。

しかしレーザーでも今生えている毛しか処理できませんので、毛周期に合わせて数回通院が必要になります。

医療行為なので費用もエステより高めになりますが、効果はレーザーの方が期待できるでしょう。
しかしエステのフラッシュがダメだという事ではありません。

多少光のパワーは弱くなりますが、脱毛効果もあるのでvio施術にフラッシュを選ぶこともできます。
施術前後のスキンケアは皮膚科でも行いますが、エステの方がリラクゼーションを味わえる事もあって、あえてエステを選ぶ人もいます。

京都にはサロン、クリニック共にたくさんありますので、京都に住む方は選択肢が豊富です。
ご自身の好みに合わせて京都の自宅近くで通いやすい所を選ぶのが良いでしょう。

ニードルでのvio脱毛すれば黒ずみ部分も短期で効果が出る

京都でvioを施術をする場合、方法としては光かレーザーかワックスかというのが一般的です。
少し前までは光では粘膜部分の施術が出来なかったため、ワックスが主流でした。

繰り返すことで多少毛が生えにくくなるメリットはありますが、どちらも永久脱毛ではありませんので、処理を辞め時間が経過すればまた毛は生えてきます。

今は機械も脱毛技術も進歩しているので、光でもvio施術が可能になっています。

しかし光が反応するには黒い色だけなので、色素沈着が濃い部分がある場合はその部分だけvio脱毛効果が出にくくなります。

また最近は寿命が長くなり、中年の方の脱毛も増えています。年齢にも個人差はありますが、髪の白髪が目立つ頃にはほとんどの人がアンダーヘアーにも白髪が出ているといます。vio脱毛をしたくても、白髪がある場合は光脱毛が効果が出ない部分が出てきます。

この場合ワックス脱毛も可能ですが、黒ずみや白髪への対応は永久脱毛という選択肢もあります。しかし永久脱毛の場合は、ニードル施術になるので毛穴に針を刺し微弱の電流を流すという方法になります。

昔のニードルと比べて機械も進歩していますが、かなり痛みも伴います。痛みの感じ方は個人差もありますが、皮膚が柔らかい部分や粘膜の場合は痛みも若干強くなるので多少の覚悟は必要かもしれません。ただし効果はてきめんなので、一度処理すればアンダーヘアーの白髪も生えてこなくなります。黒ずみがあるIライン周辺はレーザーやフラッシュ脱毛と違い1回で毛が無くなる効果があります。

vioラインの黒ずみがある部位でフラッシュやレーザー脱毛では中々効果が出ないと言う方は、京都の脱毛サロンでは体験キャンペーンなどもあるので、一度ニードル脱毛を体験してみるのもおすすめです。

京都のTBCはニードル脱毛を提供しています。

vio脱毛は日本でも一般的に。京都で普及

日本で何かがブームになる場合、そのきっかけは海外にあることも多いですね。

美容やファッションなども日本でブームになる前に、必ずといっていいほど海外でもブームになっています。
脱毛に関しても共通点は多いように思います。

例えばvio脱毛もそうですね。

日本にvioプランが導入され始めた当初は、一部の限られた人だけが行うものでした。しかし海外セレブたちの間では、デリケートゾーンが清潔に保てる事や臭いを軽減出来る事、ビキニや露出の高いファッションも堂々と出来る事からvioラインは当たり前になっていきます。

これが日本にも知れ渡ることとなり、流行に敏感な人がvioラインの毛を無くすようになります。女性は生理がありますが、vioラインを全て綺麗にしておくと生理時の不快感やニオイがほとんど気にならなくなるなどメリットも多いのです。

もちろん普段もデリケートゾーンを清潔に保てるので、ニオイや不快感も軽減出来る事から多くの女性がvioラインの脱毛をするようになっています。海外ではもはや常識といってもいいくらい浸透しているものですし、きちんとお手入れしている人は清潔感もあるので好感が持てると高く評価されています。

今は日本でもモデルや芸能人だけでなく、一般の人もvioラインを脱毛する人が増えています。
もちろん京都の若い女性もvioを綺麗にする人が増加しています。

エステサロンも以前は不可能とされていた、光脱毛で粘膜部分の施術も可能になっているので今後もますますvioラインプランは浸透していくことが予測できますね。

京都にはvio脱毛料金が適正で効果もあるvio脱毛が受けられるサロンとクリニックが増えています。京都の若い女性にはvio脱毛しやすい環境が整ってきていますので、より多くの京都の女性がvio脱毛を受けるようになるでしょう。

vio脱毛で光とワックス脱毛の違い

京都でvio脱毛をするにはいくつかの方法があります。
脱毛する部位によっても適している脱毛方法は変わってきます。

京都でvio脱毛を考えているなら、光脱毛とワックス脱毛の違いについて知っておくといいと思います。光脱毛というのはその名の通り光を使って脱毛する方法です。黒い色素だけに反応する特殊な光を使用し、毛根を萎縮させます。

今生えている毛だけに作用するので、毛周期に合わせて何回か繰り返しますが、繰り返すことで徐々に毛根が萎縮し毛が生えるスピードも遅く、毛自体も細く弱くなっていきます。黒い色だけに反応するので、肌に与えるダメージも軽減できます。京都のサロンではコレが主流です。

以前は不可能だった粘膜部分も、現在では機械の性能が良くなっているのでvioラインにも対応できる光脱毛も増えています。ワックス脱毛もその名の通りワックスを使う方法です。脱毛したいところにワックスを塗り、専用のシートをかぶせシートごと一気に剥がす方法です。京都ワックス専門のサロンもあります。

少し強引に思えますが、光脱毛が粘膜部分に対応できなかった頃には、vioラインにはワックス脱毛がいいとされていました。剥がすときには毛と一緒に、古い角質なども除去できるので肌触りがスベスベになるというメリットもあります。

毛を抜くので時間が経過すると再び毛は生えてきますが、今ある毛を素早く処理できるのはメリットです。もちろん今もvioラインはワックス脱毛がいい、という人もいますので自分に合った方法を選べるようになっています。

両方ともvioライン以外ほぼ全身に使用できます。

京都のサロンは敏感肌でもvio脱毛できる?

敏感肌の人にとって脱毛をするのは少し勇気のいる事かもしれません。
痒みや赤みなど肌トラブルが起きないのか心配になるのも無理はないでしょう。
ましてや脱毛する部位がデリケートゾーンでもあるvioラインなら尚更のことです。

京都の多くのエステサロンでは、敏感肌の人でもvio施術が受けられるようにいろいろと配慮しています。例えば施術前に塗るジェルやクリームを敏感肌用の低刺激のものにしたり、必要に応じてレーザーや光の出力を抑えたりしています。

ただ、リスクがゼロになるわけではなく、あくまでも軽減されるということなのでvio脱毛する際はアフターケアが充実しているエステサロンを選ぶようにしましょう。

また、施術前には京都のどこのエステサロンでも必ずカウンセリングを行います。その際、敏感肌であることをきちんと伝え、アフターケアの内容についても詳しく聞いておくようにして下さい。

京都で敏感肌の方の場合、レーザーや光の出力を抑える可能性もあるので他の人に比べ、効果が現れるのは多少時間が掛かるかもしれません。京都にも敏感肌に影響なく施術ができるハイパースキン脱毛も登場しています。料金は京都の安いサロンより若干上がりますが、敏感肌の方におすすめです。

京都でハイパースキン脱毛をするなら、ディオーネ京都がおすすめです。

また、何度も通うことを想定するとなると、京都のサロン選びは料金の事だけでなく通いやすいところにあるか、営業時間、予約は取りやすいか、店内の雰囲気、担当者との相性なども選ぶ基準に入れたほうが良いですね。敏感肌だと選択肢が狭くなるとは言え数年通うわけなのでその辺りは重要です。

エステサロンに通う事がストレスになってしまうと、効果が現れ始めても途中で嫌になってしまう恐れがあります。また他の京都のサロンやクリニックを探すと面倒です。いろいろな目線から見ることで、後悔することなく続けられるでしょう。

vioラインの脱毛を京都で受ける前の準備

最近脱毛エステで多く取り上げられているのがvioラインの脱毛です。

vioラインの脱毛は水着になったりTバックのショーツを着るときなどにムダ毛が目立たないようにするものです。
国内外のモデルなど、露出が多い人は必ず行っている脱毛になります。

Vはビキニライン、Iはビキニライン奥、Oは肛門周辺のことを指します。
これらの脱毛が完了した人のことをハイジニーナといい、vioラインの脱毛のことをハイジニーナ脱毛と言ったりもします。

ハイジニーナというのは衛生学という意味のハイジニーンに由来していて、デリケートゾーンの脱毛を行うことで雑菌の繁殖を防ぐ目的があります。
それが結果的におしゃれに繋がるとして多くの女性が行っています。

vioラインの脱毛を行うに当たって、準備を行う必要がある場合があります。
脱毛エステによって異なるのですが、ほとんどのエステでは事前に自分でシェービングを行っていることを前提としていますので、しっかりと準備を行います。

注意したいのは、カミソリなどで自己処理を行わないことです。
デリケートな部分であるため、カミソリによって肌や粘膜に傷がつくとトラブルの原因になりますし、色素沈着につながることも。
また、埋没毛ができる原因にもなりえます。
肌に負担がかかりにくい電気シェーバーなどで丁寧に処理を行うようにしましょう。

店舗によっては事前に準備を行わなくても良い、としているところもあるので、カウンセリングの時点でしっかりと確認を取っておくようにしましょう。